神倉道楽堂

オタクな趣味と日常生活を実用的に充実させるためのブログ

神倉道楽堂

【自分のための働き方】タクシー勤務をスタートしてから3ヶ月経過の報告

f:id:kamikura102:20181015215943p:plain

働かないで生活できる環境を作って、好きなことを仕事にしていくという野望を実現するべく、一人暮らしを食い繋ぐためと『労働』を辞めるために働く仕事として、タクシードライバーの仕事始めて丁度3ヶ月が経ちました。

今回はその経過報告をしたいと思います。

Q1:仕事は続けられそう?

f:id:kamikura102:20181015215216j:plain

はい。

基本的にお客乗せて目的地まで運ぶを繰り返すだけでそれ以上の仕事は特にありません。

一応接客の仕事ではあるけど、基本一期一会でそれほど人間関係に深く干渉するようなことはない。

ほぼ誰からも指図されずに一人で完結するので気楽にやれてます。

隔日勤務なので一日16時間の長時間勤務なのですが、時間の進み具合が異常なまでに早いです。

気が付いたら夜になってたみたいな感覚です。

よっぽど客が来なくて暇にならない限り時間を苦痛に思うことはありません。

何より働き方も自分の好きなスタイルで働けます。

ひたすら駅で客を待つ人もいれば、状況を自分で判断して他所へ行って客を拾うみたいなやり方も自分の自由にできます。

休憩の取り方も自由です。

勤務上3時間分の休憩時間を設けられてますが、休憩時間は好きに決められるし、3時間未満の人もいれば3時間以上休憩している人もいます。

中にはパチンコに遊び行ってるような人もいます…w

かなり自由です。

面倒くさいとは思っても、ブラック企業のような酷使がないので苦痛と思えることはほとんどありません。

Q2:休日はどんな感じ?

f:id:kamikura102:20181015215308j:plain

隔日勤務だから出勤した翌日は確実に休日になります。

週3~4日勤務の月13日勤務で、それ以外は休日です。

公休などの調整で月2~3回の3連休が設けられています。

休日出勤はありません。隔日勤務の勤務明けは最低20時間以上の休憩が義務付けられてます。

夜中に帰宅するので寝起きが若干遅くなりがちですが、休日は有効に活用できています。

僕の場合はブログの更新や小説の執筆などに時間を割いています。

自分の夢を実現するための鍛錬にはもってこいです。

Q3:どれぐらい稼げてる?

f:id:kamikura102:20181001130811j:plain

勤務する地域によりけりですが、地方に当たるウチの場合はそれほど儲かってはいません。

生活費と欲しいものなどの遊興費、貯金を少々と言ったとこですかね。

一人暮らしをする分はまかなえてます。

基本的に歩合制なので、働いた分だけ稼ぎも上がります。

 月の営業収入消費税÷2(会社へ納金分)給料各種保険料手取り額

になります。

先月の稼ぎはこんな感じです。

 営業収入¥463780-消費税約¥26000÷納金分2=給料¥218890-保険料約¥32375=手取額¥186515

 チップ¥8345

 合計額¥194860

ってとこでしょうか。

給料日は25日なので、あくまで予想額です。

チップは完全に自分の取り分になりますので、会社と割り勘することはありませんw

大半がお客さんからの「お釣りいらない」からもらえるチップで、10円や100円玉程度の世界です。

しかし塵も積もればなんとやらってやつですねw

13日勤務してこの額なのですから、馬鹿になりません。

3ヶ月の間で僕が得たチップはざっとこんな感じです。

 1ヶ月目¥2830

 2ヶ月目¥7820

 3ヶ月目¥8345

 合計  ¥18995

1ヶ月と2ヶ月の落差の激しさは、無線の導入有無の差です。

無線とは、お客さんが電話などでタクシーを呼んだ際に、センターから最寄りのタクシーとしてご指名を受けてお客を拾いに行く機能です。

1ヶ月目は研修期間として無線が入っていませんでした。

チップがもらえるのはこの仕事の最強要素ですねw

都内とかの仕事だと営業収入もチップももっともらえるのではないかと思います。

普通に手取り20万超えはイケるでしょうね。

3ヶ月までの総評

働くことは心底嫌気が差しているけど、なんだかんだ続けられてます。

朝起きた時が仕事したくないのアレルギー症状で憂鬱な気分ですが、一度働き出したら黙々とやれます。

そしてあっという間に仕事が終わります。

相変わらず道がわからない場合もありますが、ナビを使ったり、お客さんに聞いたりして、接客嫌いの僕でも難なく働けてます。

二種免許の費用や祝い金の30万は会社を3年以内に退職する場合は返金しなければなりません。

僕は叶うなら一日でも早くブログやその他で収入源を確保して、会社を退職したいです。

遅くても3年後までには成果を出して退職すると心に決めています。

もう労働には辟易しました。

この仕事は今までの中でも最も楽な仕事ですが、結局好きでもない仕事で働くということ自体が嫌だということに気付いたので、『労働』を辞めるために働きます。

タクシーの就職は簡単ですし、二種免許もあれば簡単に出戻りもできます。

仮に何らかの理由でまた働く必要になっても、再就職が容易ということです。

ドライバーの大半が高齢者で、会社としては若者が喉から手が出るほど欲しいのです。

しかも高齢者は最大で80代の人もいるので、そんなお爺ちゃんですらも働けるのだから、よっぽどのことない限り不採用になる要素がありませんw

つまり、就職難にならないようにする保険になるということです。

夢を追いかけてる人、これから食い繋がないといけない人に、タクシーの仕事はおすすめできます。

転職や仕事探しの参考になれば幸いです。