【おすすめPS2ソフト】今も手放さずに持っているお気に入りのPS2ソフト『大正もののけ異聞録』

スポンサーリンク

既にプレステもPS4が主流のご時世に今もなお私が大事に持っているお気に入りのPS2ソフトです。

大正もののけ異聞録

f:id:kamikura102:20181020103756j:plain

アトリエシリーズでお馴染みのガストから2003年にPS2ソフトとして発売された和風のシュミレーションRPGです。

アトリエなど洋風ファンタジータイトルが主体のガストにしては異色の和風ファンタジーなのです!

現時点で私が知る限り、後にも先にもガストで和風タイトルを出したのはこの一本だけだと思います。

当時、地元の本屋で電撃プレイステーションの付録に付いてた体験版をまとめたディスクにこのタイトルも入っており、それをプレイしたのがきっかけで購入しました。

あらすじ

大正初期の日本の信濃を舞台に、素性も種族も異なるが、人と異なる種族『モノノケ』と縁がある5人がそれぞれの事情によってどんな願いも叶える力がある『天降勾玉(あまふりのまがたま)』を求めて、互いに天よりもたらせれる勾玉を手に入れるべく戦う『百鬼夜行の戦い』に身を投じていく。


 物語は5人の主人公を好きに選ぶことが可能で、それぞれのストーリーが用意されています。

ちなみにキャラによってゲームの難易度が異なります。

信濃の地を舞台に、様々な町や地域を行き来して、自分が使役しているモノノケを育成・強化しつつ、七日に一度行われる百鬼夜行の戦いで天降勾玉を獲得していくゲームです。

勾玉は合計37個あり、集めた個数で物語が進行し、全て集めるとラスボスと戦ってエンドです。

勾玉集めは殺し合いの戦いというわけではなくどちらかと言えば競技などの試合や勝負に近いもので、負けてもゲームオーバーになることはありません。

また一週間後に頑張りましょう的な感じに次の百鬼夜行に備えます。

戦闘ではモノノケを最大4体使役することが可能で、百鬼夜行でない野生のモノノケと戦う通常の戦闘と、百鬼夜行の戦闘の2種があります。

基本相手方を全滅させたもん勝ちで、戦いは行動を選択するターン制です。

感覚的にはポケモンに近いですねw

モノノケは育成が可能で、戦闘に参加させて成長すると、装備品を増やせるキャパシティを増やすことができます。

基本的にモノノケの能力アップは装備品を装備させてなんぼなので、レベルアップ時は装備可能枠のキャパを増やすぐらいで、枠にアイテムを装備をさせなければ強くなりません。

また、特定地域に不定期に発生する霊気をモノノケに与えることで、ゲージが溜まっていき、一定値に達すると变化(進化)させることができます。

モノノケを強くすれば強くするほど戦いが有利になるってやつですね。

プレイしている主人公は百鬼夜行で勝利を重ねていくことで徐々に強くなっていく感じです。

基本やり込みゲーです。

お金稼ぎも戦闘に勝てば良いというものでもなく、街や地域で落ちているアイテムなどを高く売ってお金にしていく必要があります。

場所によって高く売れるアイテムが落ちてたり、日によって街のお店が高価買取強化中になったりしてます。

全体的にそれほど派手なゲームではないのですが、地味にやり込み要素がちゃんとしているので、十分に楽しめますw

あと、ネコマタがなんか可愛いw

 

もし、和風ファンタジーな感じPS2ゲームに飢えている人がいたら是非一度、お手に取ってみてください!

 
アトリエシリーズでお馴染みのガストの影の名作!

 

もし「いいね!」と思えたら、どれかポチって頂けると今後の励みになります!

title="人気ブログランキング" ブログランキング・にほんブログ村へ title="人気ブログランキング"

コメント

タイトルとURLをコピーしました