神倉道楽堂

オタクな趣味と日常生活を実用的に充実させるためのブログ

神倉道楽堂


【スポンサーリンク】

【レビュー】PSVRは買うべき?おすすめのゲームやVRに必要な環境について

【スポンサーリンク】

f:id:kamikura102:20190127104915j:plain

PSVRはPS4をたしなむユーザーなら、誰しも一度は目にして少し考えた商品なのではないかと思います。

 
PSカメラも同梱されてお得なお値段になっています!
 
 
 

予約を開始した当時こそ予約が殺到して常に在庫切れとなっていましたが、現在では在庫にも余裕があるようで、店頭や通販でも難なく購入することができます。

(当時は悪質な転売も横行して多くのユーザーが怒りの声を上げていました…(ーー;))

PSVRはゲーム機本体ではなく、ゲーム周辺機器としてカテゴライズされます。

当然、プレイするにはPS4が必要です。

とはいえ、周辺機器にしてはゲーム機本体並みの割高な価格のために、購入に関しては及び腰な人は今も少なくないと思います。

発売当初より値下がりこそしていますが(私が購入した当時は4万円台でしたが、現在は3万円台で販売されています)、実際にそんなに良いものなのか?って疑問があると思います。

そこでPSVRを所持している私自身がプレイした限りでの感想、VRに必要な環境周りなどを紹介していきたいと思います。

今後PSVRを購入するべきか否かを判断する参考になって頂けたら幸いです!

PSVRは買うべきか?

結論から言いますと…

急いで買うほどのものではありません。

と言うのも、VRのプレイ環境そのものにまだ多くの課題が残っている上、神ゲーと断言できるような大傑作のタイトルがまだ登場していなからです。

しかしながら、環境も徐々に改善の兆候が見られ、神ゲーとは言えずとも良作のタイトルが増えつつあります。

つまるところ急いで買う必要はありませんが、期待はできるコンテンツだと思います。

PSVRのおすすめゲームタイトル

PS4も徐々にVR対応タイトルも増えつつありますが、良い作品と思っていたのと違う作品との差が浮き彫りになっています。

ここではその中でも私が良作と思える作品を紹介します。

PlayStation VR WORLDS

 
PSVRをプレイするならまずコレ!
 

PSVRと同時に発売されたVR専用ゲームです。

各種短編のVRゲームが収録されており、はじめてVRをプレイする人には是非おすすめしたいタイトルです。

PSVRの代名詞のようなサメに襲われる体験ができるタイトルは本作に収録されております!

収録されているタイトルの中でもおすすめタイトルはギャングの抗争を描いたシューティングゲーム【ロンドンハイスト】です!

 

f:id:kamikura102:20190126142412p:plain

隠されたダイヤモンド探しに銃撃戦、カーチェイスなどの場面で余すことなくVRの機能が活用されており、ショートゲームながら没入感がハンパないです!

特にゲーム本編に関係のない小物まで触れるVRならではの遊び要素があることが非常に面白いです!w

例えば、車はドアの開け締めからエアコンの操作、ラジオのチャンネル切り替えなどができます。

また、劇中に葉巻が小物で登場しますが、手に持った葉巻に火を付けて自分の口元に寄せて実際に息を吸ってふぅ~っと吐くと、ゲーム画面でちゃんと煙を吐いてくれますww

ゲームは通常のPS4のコントローラーでも遊べますが、PSMOVEコントローラーを2本用意して遊ぶと、よりゲームを楽しむことができます!

スターウォーズ バトルフロント

 
ファン念願のXウィングのパイロットになることができる!
 
 
 

本作はVR専用ゲームではなく、マルチプレイメインのFPS・TPSゲームですが、後にオフラインでもプレイできるコンテンツを追加し、映画『Star Wars バトルフロント ローグ・ワン』の公開に伴ってVRコンテンツ『Star Wars バトルフロント ローグ・ワン: Xウイング VRミッション』を無料で配信しました。

store.playstation.com

プレイヤーはXウィングの新人パイロットとして反乱軍の戦闘機部隊、レッド中隊の一員となって帝国軍の部隊と交戦します。

劇中さながらの演出と、1分の1スケールのインペリアル級スター・デストロイヤーの圧倒的な大きさを目の当たりにすることができますw

本編こそマルチプレイのみで物議を醸したタイトルですが、このVRモードは遊ぶ価値があります!

バイオハザード7

 
本編が完全にVRに対応!
目の前で恐怖を体感できる!
 
 
 

アクションよりもホラーに重点を置いたバイオシリーズの7作目です。

短編のショートゲームが多いVRゲームの中、本作は本編が頭から爪先まで完全にVRに対応しております!

グラフィックもさることながら、ゲームのボリュームもしっかりしていて、何より怖い演出が凄まじいです…w

ちなみに私はホラーが苦手で、友人や他のユーザーのプレイ動画を見るだけで留めました…^^;

アヌビス ゾーンオブエンダーズ マーズ

 
メタルギアシリーズを手掛けた小島監督がプロデュースしたスピーディーなロボットアクションゲーム!
本編VR対応でコックピット視点のプレイを実現!
 
 
 

ゾーンオブエンダーズは元々PS2のソフトで、本作のアヌビスは2作目になるタイトルとして2003年にPS2で発売しました。

2012年にPS3からHDリマスター版が発売され、2018年にPSVRと4K解像度に対応したPS4版が発売されました。

元は背面からの第三者視点で機体を操作するゲームでしたが、VRに対応したことで、プレイヤーが操作するオービタルフレーム「ジェフティ」のコックピットが再現され、プレイヤーは本編主人公のディンゴ・イーグリットとしてジェフティをコックピット視点で操作することができます。

元がPS2タイトルとはいえ、メタルギアを作った小島監督のプロデュースもあって、当時からPS2にしてはグラフィックが非常に優れており、PS4版になってもそのグラフィックの綺麗さは衰えておりません。

シナリオもゲーム性もとても面白く、爽快感があり、シリーズ2作目である本作から初プレイしても全然問題ありません!

エースコンバット7

フライトシューティングゲーム「エースコンバット」シリーズの7作目です!

本作からついにPSVR対応が実現されました。

キャンペーンモードとは別にVR専用のVRモードがあり、戦闘機のコックピット内のパイロットの視点でより立体的な空中戦を体感することができます。

歴代シリーズ未プレイの方でも十分に楽しめる仕様になっております!

エースコンバット7の詳細や感想についてはこちらからどうぞ!

 

余談なんですけど、シリーズが続くタイトルで7作目になる作品ってなんか良作が多いような気がします…。

FFとかバイオとか…

PSVRに必要な環境

PSVRをプレイするために必要な機材と環境をまとめました。

必要な機材

PSVRをプレイするには以下の機材が必要です。

  • PSVR
  • PS4本体
  • PS Camera
  • ヘッドホン
  • テレビ

この他にも補助的なものとして、以下のものがあると良いです。

  • メガネ拭き
  • メガネの曇り止めスプレー(百均のものでも可)
  • ウェットティッシュ

いずれもVRゴーグル周りの汚れ対策です。

顔に密着する性質上、とても汚れやすいです。

 

PSVRにおすすめのヘッドホン

新しいPSVRにはイヤホンが付属していますが、高音質や没入感を求めてヘッドホンを選ぶ人も少なくありません。

ちなみに、PSVRは現時点でBluetoothで接続する無線のヘッドホンには対応していません。

そのため音声はイヤホンジャックにヘッドホンまたはイヤホンを有線接続して使う作りになっています。

基本的にどんなヘッドホンでもPSVRを楽しむことは可能ですが、中でもPSVR向けとされるおすすめのヘッドホンを紹介します。

PSVR発売前前後の頃からソニーがVRの体験プロモーションで用いていたヘッドホンです。

音質の良さも好評で、PSVR用に購入したユーザーも少なくありません。

製品のカラーバリエーションが豊富なのも特徴です。

 

 
完全にPSVR用に作られたヘッドホン
 
 
 

ゲーム周辺アクセサリーでおなじみのメーカー「ホリ」から登場したPSVR専用のヘッドホンです。

私はこれを購入しました。

当初本製品はPSVR発売の1週間後だったか1ヶ月後だったかの発売で、購入は見送っていたのですが、PSVRの発売数日前になると、突如発売数日をPSVRに合わせてきたので、購入した覚えがありますw 

頭の上からセットする従来のヘッドホンとは異なり、VRゴーグルのヘッドバンドとの干渉を避けるべく、後頭部からセットするネックバンド式のヘッドホンになっています。

音質は特別に高音質というわけではありませんが、楽しむには充分な音質が備わっており、何よりデザインがVRゴーグルと併せてきているのが良いですね。

値段もちょっと良いヘッドホンと同等ぐらいの価格です。

 

VRゴーグルのヘッドバンド部分に装着できるヘッドホンも登場したみたいですが、お値段がちょっと割高です。

必要な部屋の広さ

PSVRをプレイするにはある程度部屋の広さが必要です。

あまり狭いと進行したい領域まで操作ができなかったり、壁に激突することが普通にあります。

推奨されております部屋の広さは奥行き3m,幅1.9mです。

その内プレイヤーとPSカメラとの推奨距離は1.5m~2mです。

f:id:kamikura102:20190127090510p:plain

自分の前に設置したPSカメラとお見合いする位置がゲームをプレイする基本的な定位置になります。

あったら更に楽しめるPSVR向けの周辺機器

VRを遊ぶのに必須ではありませんが、遊ぶゲームによっては用意しておくとより一層楽しむことができる機材もあります。

PSMOVEコントローラー
 
PSVRを更に楽しむことができる!
 
 
 

VRのゲームにはMOVEコントローラーに対応したゲームタイトルがいくつか存在します。

通常のPS4コントローラーと違って、より立体的なアクションでゲームを楽しむことができます。

ある意味PSVRを持っているなら必須のアイテムと言っても過言ではありません。

コントローラーは右手と左手の両方を使うゲームがほとんどなので、MOVEコントローラーを2本購入しておく必要があります。

また、PS3のMOVEコントローラーでもVRを遊ぶことができます!

新たにPS4向けに発売した本製品は、性能的にはPS3版とほぼ変わりませんが、充電用のUSBがminiUSBからmicroUSBに変更され、バッテリー容量も向上されるなど、若干ながらもPS3版よりは性能が向上しております。

シューティングコントローラー
 
ガンシューティングゲームをより楽しむために必須のコントローラー!
 
 
 

ガンシューティングゲーム専用のコントローラーです。

デザインがシンプル過ぎてちょっといけ好かないのですが、軽くて取り回しも良いです。

しかしセンサー周りのトラッキングにまだ若干の甘さがあります。

ゲーム中に精密射撃をする時、照準がズレたりするのが玉に瑕です。

また、お尻の部分にストックが付いていないのも残念です。

ストックを肩に当てがうことで構える位置を維持したり、精密射撃の際に微調整がしやすくするのですが、お尻の部分にはアナログスティックとボタンが配置されています。

現状はこのコントローラーに対応しているソフトが数タイトルしかないので、今後トラッキングが改善され、対応ソフトも順次増えていってくれることに期待しています。

でないと活躍の場がほとんどないので…(ーー;)

百均で整えるPSVRのアクセサリー周り

PSVR発売に伴って、収納や保護を意識した製品が順次発売し始めました。

しかしいずれも妙に割高で、私はこれらの購入には消極的でした。

とはいえ、必要なものはあるにはあったので、自分でどうにかする方法を考えました。

そうして思いついたのが、百均用品の活用です。

プロセッサーユニットを縦置きにする

PS4とPSVRを接続するための中間端末にプロセッサーユニットという長方形の小箱状の端末があります。

平置きでも良いのですが、場所をできるだけ活用するために縦置きにする方法を探しました。

これはセリアで108円で購入したまな板立てです。

f:id:kamikura102:20190127092105j:plain

これならプロセッサーユニットを縦置きにする事ができるのではないか?と、考えて購入してみました。

幅的にも合っていそうな感じでしたが、幅が足りなそうな感じにも見えたので若干怪しかったです。

それでも実際に買って試してみたところ…

f:id:kamikura102:20190127092337j:plain

ピッタリなサイズでした!

f:id:kamikura102:20190127092449j:plain

当時周辺アクセサリーで販売されていたスタンドは自作できそうな単純な作りで1000円~2000円に達していたので、買う気にはなれませんでしたが、買わなくて正解でした!

この百均のまな板立てで充分に役割を果たせます!
スタンドの4本足にも滑り止めキャップが付いているので、転げたりズレたりすることがありません!

VRゴーグルスタンドを自作する

PSVRゴーグルって、結構大きいので置き場に困ります。

何かそれらしく置く方法はないか?と考えましたが、中々いいアイディアが思い浮かばずに難航していました。

アクセサリーで販売されていたスタンドもありましたが、やはり作りの割に高い…。

これもいっそ百均でなんとかならないかと、地元の百均を回って方法を探しました。

そうして思いついスタンドの作り方がこれです。

f:id:kamikura102:20190127093705j:plain

使う材料は以下の通りです。

  • ワインホルダー
  • 腕用クッション
  • 針金
  • ウレタンスポンジ 2枚
  • 両面テープ
スタンドの作り方
  1. ワインスタンド上部のリングに針金をグルグルに巻いて穴を塞ぐ。
    これはVRゴーグルを載せた時に、ゴーグルのクッションにスタンドの輪っかの跡が残らないようにするためです。
  2. 腕用クッションの穴をワインホルダーに通す。
  3. 両面テープを貼ったウレタンスポンジを針金を巻いたワインホルダーのリングを上下でサンドイッチにするようにスポンジで挟み込んで貼り合わせて完成です。

f:id:kamikura102:20190127094819j:plain

至って単純な作りで、300円弱で作れるよな代物です。

実際にPSVRを乗せるとこんな感じになります。

f:id:kamikura102:20190127094922j:plain

スポンジはゴーグルの額に当たる部分でゴーグルを支え、腕用クッションはヘッドホンスタンドの役割を果たすようにしております。

安く簡単に作ることができるので、スタンドにあまりお金をかけたくない人にはおすすめです!

PSVRの難点・失敗談

PSVRの短所や試してみて失敗したことなどをまとめてみました。

f:id:kamikura102:20190127001020j:plain

レンズが曇る

常に横にはメガネ拭き必須です。

暑さで汗をかいてる時やお風呂上がりの時などは特に曇ります。

ゴーグルの中は外部の光を遮るようにしているので、基本密閉空間です。

そのため長時間のプレイなどで白熱すると、自身の熱気で徐々に曇ってきます。

いくら拭いてもレンズが曇ってしまう場合は、メガネの曇り止めスプレーなどを軽くかけて拭いておくと改善されます。

頭が痛くなる

これは特に致命的ですね。

およそ1時間以上PSVRを装着してプレイしていると、頭のこめかみ辺りが圧迫されてきてズキズキと痛くなります。

これにより、大体どんなタイトルでも、1時間前後プレイした後は否応なくゴーグルを外します。

そのためあまり長時間のプレイには向きません。

1時間遊んでの休憩は全然良いとは思うのですが…ゆくゆくは何とか改善できればと思います。

PS3のシューティングコントローラーには対応していない

以前興味本位で購入した「PlayStation Move Sharp Shooter」というコントローラーです。

f:id:kamikura102:20190127055426j:plain

日本ではなくアメリカでのみ発売したPSMOVEコントローラーとMOVEのナビゲーションコントローラーの2つを銃の形状をしたアタッチメントに接続することで、ガンコンになるという代物です。

デザインがカッコ良く、長さの調整も可能ストックも付いて、銃のマガジンに位置する部分の底部には弾のリロードボタンが備わり、安全装置とセミオートやフルオート射撃に切り替えるセレクターレバーまでもが付いているという凝りっぷりw

アメリカ人ならではの遊びが利いた良い品ですw

当初はこれもPSVRに使えるのではないか?と期待していたのですが、まともに使うことはできませんでした。

MOVEコン、ナビコン共にPS4に認識され、ボタンも動作するのですが、トラッキングが認識されず、ゲームになりませんでした。

ほんと、残念でした…w

残念だったVR対応ゲームソフト

サマーレッスン
 
ゲーム・シナリオのメリハリがないことが心残り…
 
 
 

PSVR発売の前後から多くのユーザーから注目されていたタイトルです。

VRで可愛い女の子と間近に接することができる仕様が美少女好きなオタクたちから特に注目されていました。

実際、グラフィックは綺麗だし、3人の女の子もとても可愛いです。

操作はプレイヤーの視線や首を動かしたりする動作が基本で、ゲーム進行時の選択肢を選ぶ場面などで用いられます。

しかしシナリオもゲームも常に同じような動作や話が続く単調な場面ばかりで、全体的にメリハリが薄い作業ゲーになってしまい、すぐに飽きが来てしまいます。

前述したロンドンハイストのような遊びのあるアクション要素やシナリオそのもののボリュームがしっかりとしていれば良作入りしていた作品だと思います。

女の子のキャラクターとしての完成度は高いので、非常に惜しい作品です。

ちなみに一番好きな子はアリソンさんですw

ブラボーチーム
 
操作性・移動の悪さが残念…
 
 
 

VR版のコールオブデューティーと期待されていたであろうタイトルです。

シューティングコントローラーとのトラッキングのズレが度々発生し、銃の照準のズレがストレスになります。

また、ポジションの移動が自由に動くことができず、フィールドで予め設定されたポイントを選択することで自動移動する仕組みになっています。

コールオブデューティーよりタイムクライシスに近い感じです。

CODさながらの縦横無尽の銃撃戦をVRで体感できることを期待されていたタイトルなだけに実に残念なタイトルでした。

【余談】PSVRの予約開始当時の話

PSVRの予約開始当時、私はソニーストアでPSVRの予約に成功しました。

その予約者殺到の様相ときたら、もう予約開始から5分10分で瞬殺でした…w

私も予約開始1時間前からPCデスクで出張ってましたが、開始直後からネットワークエラーで取り付く島がありませんでした…^^;

私が予約ができたのは第2回目に開始された予約でした。

2回目の時も事前にPCに張り付いて予約開始の午前9時待ちだったのですが、これがまたしてもネットワークエラー連発でした…w

ソニーストアはともかくAmazonなども取り付く島もなく、結局2度目の敗戦を予期しました。

諦めムードでそのままいじけてPS3を起動して遊んでいました。

しかし11時頃にふと何か変動しているかもしれないと思い、再びソニーストアへ進行したところ、サインインにエラーはあったものの、VRの在庫はまだ健在ということが発覚。

これはまだイケる!と予想し、まずはサインインを成功させることから始めました。

30分間様々なエラーを出しつつもなんとかサインインに成功!

しかしその後VRをカートに入れるも、今度はレジに上手く進めないw

レジに進もうとしてもネットワークエラーが出てきます。

まるでレジに入るのを拒むかのようにw

恐らく大半の人はここで手こずって断念したのだと思われます。

私はとりあえず在庫が切れない限り丸一日潰す覚悟で

 

ひたすらレジに進んではエラー→戻る→レジに進む→エラー

 

を繰り返してレジに進めるまで粘り続けました。

エラーを乗り越えると再びサインインの要求画面が表示されます。

ここで『え?さっきちゃんとサインインしたじゃん!』と思い、[戻る]を押して再びレジ→エラーのループするのは罠です。

購入手続きのためのサインイン要求なので、最初にやったサインインとは別物なのです。

でもってここでもサインインを成功させることに難航。

ボタンを連打したりすると十中八九エラー発生か読み込みで時間を食うので、ワンクリックしたら画面が変わるまで根気よく待つ。

ようやくの思いでサインインを成功させ、これで購入手続きができるか!?と思いきや、今度は『カートが空です』という罠。

ここでキレた人も多いでしょうね…(ーー;)

自分も半ギレしつつもレジエラーのステップからやり直して根気よくアプローチしました。

そうして11時頃から粘って12時過ぎた頃合いに無事予約手続きが完了しました!

f:id:kamikura102:20190126144913j:plain

f:id:kamikura102:20190126145023j:plain

正直ほぼ諦めかけてはいたのですが、予約ができて安心しましたw
このように当時は本当に予約するだけでも物凄く大変でした…^^;

PSVRにこれから期待したいこと

PSVRにはまだまだ多くの課題が残っていると思います。

ソニーが引き続きPSVRに力を注ぐのであれば、着実に環境や仕様の改善が進んでいくと思われます。
私がPSVRで特に期待したい改善内容は以下の通りです。

  • ゴーグルの小型化
    現状のPSVRゴーグルはかさばりやすく、取り回しや収納性に劣ります。
    可能ならスキー用ゴーグル並みに小型化が実現すると良いですねw

  • VR機器の無線接続化
    PSVRは有線接続になっております。
    線がゲームのプレイ中にわずらわしくなる時がしばしばあります。
    ヘッドホンも含めて、無線接続化は特に期待したい課題ですね。

  • ゴーグルレンズのバイザーレンズ化
    PSVRのゴーグル内側の画面は、目の部分に左右個別のレンズが付いており、望遠鏡のような作りになっています。
    より視界を広く取れるよう、メガネ型ではなくバイクのヘルメットのバイザーのようなTVモニター状の画面に改良されたら良いなぁと思います。

  • VR映像の画質向上
    私はPS4Proを使っていますが、VR画面はそれでも若干曇った感じの映像になっています。
    少なくとも、VRではないテレビのゲーム画面と画質を比較すると、まだVRの映像は若干劣っています。
    テレビの画面さながらかそれ以上の高画質を期待したいです。

  • プレイヤーの手足や体の動きと連動
    今現在のVRの仮想空間はプレイヤーの首周りだけを仮想空間で動けるようにしただけの環境です。
    首周り以外のアクションをコントローラーで補填している状態です。
    究極は当然自分自身の体が全てがゲームの空間に移し込めることですねw
    (ソードアート・オンラインみたいなw)
    そこにないものが本当にあるような感覚を五感全てで認識できたらVRとしては最高峰ですよね。
    そんなものがいつか実現できることに期待しておきますw

PSVRの総評

f:id:kamikura102:20190127000858j:plain

PSVRは今だ多くの可能性と期待が盛り込まれているコンテンツです。

ですが現状ではまだ発展途上の印象が大きいです。
当初はFPSなどの一人称視点のゲームにVR対応することでよりリアルかつ立体的な楽しみ方が期待されていましたが、シューティングコントローラーのトラッキングの精度や現状の仕様ではFPSにVRの長所を最大限に活用しきれないと思います。

反面、車や飛行機、ロボットなどといった乗り物の操縦などといった人の足以外で動くものが主体のゲームはVRの特性を現状の仕様でも存分に発揮できていると思います。


PSVRでガンダムゲーとか出て欲しいですねw

VRのコックピットでモビルスーツを操縦する的な感じで、PS2のガンダム戦記やジオニックフロントなどといったリアルなミリタリー系の泥臭いモビルスーツによる戦いを一年戦争を舞台に体感したいですww

 

以上が、私が実際にPSVRをプレイした限りでの感想と評価です。

参考になって頂けたら幸いです!

 

 

もし「いいね!」と思えたら、どれかポチって頂けると今後の励みになります!

title="人気ブログランキング" ブログランキング・にほんブログ村へ title="人気ブログランキング"