神倉道楽堂

オタクな趣味と日常生活を実用的に充実させるためのブログ

神倉道楽堂

【人生の迷走】振り向けば迷い道の跡だけ

僕がブログを始めた目的は、ブログを副業に収入を確保しつつ、最終的に本業を退職してブログ及び自分のやりたい創作活動を自由にやるというのが目的です。

この目的が形になるまでは随分時間がかかりました。

自分のやりたいこと、やらざるを得ないこと、様々な物事が入れ代わり立ち代わり目まぐるしく動き回り、自分が本来目指すべき着地点が全く見当がつきませんでした。

これではないか?これこそが自分の目指すもの!と、息巻いて挑戦しても結果的に「あれ?なんか違う…」と、自分の想像していた理想と現実が相違してしまい、結局振り出しに戻ってしまうという繰り返し。

こんなことを高校を卒業して今日まで延々と繰り返してきました。

もう決まらないんじゃないか?このまま一生迷走して人生終わるんじゃないかとよく思い悩んだものです^^;

僕の社会人経験は7割以上が失敗の連続です。

己のダメさ加減に悩み、やり場のない矛先を社会に向けて不満をぶつける。

そんな不毛の繰り返し。

夢はある。確かに目指している。そのはずなのに、一歩も近付かないし近付けない。

自分の力不足や、選択が誤っていたこともあれば、自分以外の何かが障害となって前に進めなくなっていた時もありました。

けれどどんなに真面目に取り組んでも、近付けている気がしない。

そのおかげで不安ばかりが募るようになりました。

そもそもこの夢が正しいのかと真念が揺らぐことすらありました。

ただカッコつけて面子にこだわっているだけではないかと。

けれどそんな疑念は真っ先かつ真っ向から否定した。

この真念がたとえハリボテだったとしても、今日まで本物の真念として自分を支えてきた。

これは正真正銘の事実だ。

である以上、この真念は『本物』でなければならない。

自分が諦めない限り、これは絵空事のものではないと。

そんなこんなを繰り返しながらも目的までの道のりは程遠く、ビジョンすらもモヤがかっていて不明瞭だ。

相変わらず僕は社会で自分の居場所を探しては落とし穴にハマり、抜け出してはまた落ちてを繰り返しました。

正直、今もその不毛な連鎖の枠から脱することができているのかわかりません。

けれど、失敗を繰り返していく内に、僕の中で一本の柱が固まりつつありました。

失敗の中で、これは自分に向き不向き、本来の理想はどんなだ?と、直面した現実と理想を何度も照合してきました。

 

・理想と現実を照合し、当てはまらなければまた新しい要素・仮説を立てる。

・今回、このやり方、仕事は全然ダメだった。次はどうする?

・これならイケるんじゃないか?挑戦してみよう。

・…挑戦してみた結果、思わぬ所に落とし穴があった。これでは夢の実現の力にはならない。次を探そう。

 

こんなことを何度もやってきました。

理想の正確な形や実現までの道筋がさっぱりわからなかった。

それがつい最近、急に目指す方向性や道筋が少しばかり見えるようになりました。

理由はわかりません。

これまで雲をつかむような感覚だったものが、急に手に感触を覚えるような感じになったのです。

急に一筋の光が差し込んだような感覚がなんなのかを自分なりに考察してみました。

…と言っても、そんなに複雑な話ではありませんw

何しろあまりにも単純かつアホらしいオチなので^^;

僕は恐らく、進むべき道の分岐点に行き着くまでの迷路を全て踏破したのだと思います。

例えるなら、RPGでダンジョン探索して、分かれ道とか行き止まりとかをくまなくチェックして、トラップも隠しアイテムも全部探り当てからゴールするようなやり口ですねw

  • 本筋の道を探り当てるための迷宮
  • 中間ゴールへ通づる本筋の道 ←今ココ
  • 最終ゴールへ通づる中間ゴール
  • 最終ゴールへ通づる本筋の道
  • 最終ゴール

僕の場合、隠しアイテムはほとんどなかったけど、落とし穴は一つ残らず踏み抜いた自信がありますww

トラップも行き止まりも全部網羅したから否応なくゴールに辿り着いた…みたいな感じです。

ボロボロの有様ですが、なんとか無事に迷宮を抜け出し、自分の目的における迷走はほぼしなくなりました。

僕の目指すべき方向性の柱はほぼ固まりました。

完全とは言い切れませんが、少なくとも迷走していた頃よりは格段に盤石です!

多分普通ならここまで落とし穴を踏み抜かずに目指すべき道へ足を進めることができたのでしょうが、へっぴり腰な僕は全部の落とし穴にハマってようやく進むべき道を見つけ出しました…w

文字通り振り向けば迷い道の跡だけです。

失敗の数は凄まじいけど、その数だけ僕の経験値は上昇したし、同じ轍を踏むようなこともなくなってきた。

これがもっと早くに済んでくれれば良かったんですけどね…^^;

もし自分の目指す目的が正しい理想なのかすらもわからなくなった時、最低限そこできっぱり諦めることができないとわかっていれば、そのまま引き続き前に進みましょう。

不安しかありませんが、必ずどこかで答えが出てきます。それも唐突に。

横から出てくる不安や落とし穴は、むしろ全部踏み抜く覚悟で挑んでやれば良いのです。

そうすれば否応なく道は開かれます。

勝利は掴んだもん勝ちですが、そもそもその根底は諦めなかったもん勝ちです。

最後に、僕がこの経験に基づいた一言を。

 

落とし穴、全部踏んどきゃ、怖くない!